研究成果発表

発表日

20173

掲載誌名

Human Cell

タイトル

Advantage of genome sequencing by long-read sequencer using SMRT technology in medical area

発表・投稿者

Kazuma Nakano, Akino Shiroma, Makiko Shimoji, Hinako Tamotsu, Noriko Ashimine, Shun Ohki, Misuzu Shinzato, Maiko Minami, Tetsuhiro Nakanishi, Kuniko Teruya,  Kazuhito Satou, Takashi Hirano

発刊年・巻・号・頁

2017. Human Cell.  In press.  Doi:10.1007/s13577-017-0168-8

発表方法

総説

備  考

 http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs13577-017-0168-8

 

発表日

20173

掲載誌名

Medical Science Digest(ニューサイエンス社)

タイトル

ロングリードシークエンサーのインパクト 2017

発表・投稿者

平野 隆

発刊年・巻・号・頁

2017. Medical Science Digest(ニューサイエンス社). 43(3):38-42

発表方法

総説

備  考

 

 

発表日

20169

掲載誌名

Genome Announcements

タイトル

Complete Genome Sequence of the Intracellular Bacterial Symbiont TC1 in the Anaerobic Ciliate Trimyema compressum

発表・投稿者

Naoya Shinzato, Hiroaki Aoyama, Seikoh Saitoh, Naruo Nikoh, Kazuma Nakano, Makiko Shimoji, Misuzu Shinzato, Kazuhito Satou, Kuniko Teruya, Takashi Hirano, Takanori Yamada, Masaru K. Nobu, Hideyuki Tamaki, Yumi Shirai, Sanghwa Park, Takashi Narihiro, Wen-Tso Liu, Yoichi Kamagata

発刊年・巻・号・頁

2016.Genome Announc 4(5):e01032-16. doi:10.1128/genomeA.01032-16

発表方法

論文

備  考

琉球大学との共同研究

http://genomea.asm.org/content/4/5/e01032-16.full

 

発表日

20169

掲載誌名

Genome Announcements

タイトル

First Complete Genome Sequence of the Skin-Improving Lactobacillus curvatus Strain FBA2, Isolated from Fermented Vegetables, Determined by PacBio Single-Molecule Real-Time Technology

発表・投稿者

National Agriculture and Food Research Organization (NARO), Asahi Group Foods, Ltd., Asahi Group Holdings, Ltd., Okinawa Institute of Advanced Sciences

Kazuma Nakano, Akino Shiroma, Hinako Tamotsu, Shun Ohki, Makiko Shimoji, Noriko Ashimine, Misuzu Shinzato, Maiko Minami, Tetsuhiro Nakanishi, Kuniko Teruya, Kazuhito Satou, Chise Suzuki, Hiromi Kimoto-Nira, Miho Kobayashi, Koko Mizumachi, Reiji Aoki, Satoshi Miyata, Kazue Yamamoto, Yasuyuki Ohtake, Tomoko Eguchi-Ogawa, Naoko Moriya, Tatsuro Hagi, Masaru Nomura, Takashi Hirano.

発刊年・巻・号・頁

2016. Genome Announc. 4(5):e00884-16. doi:10.1128/genomeA.00884-16

 

発表方法

論文

備  考

農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門(旧畜産草地研究所)、アサヒグループ食品株式会社、アサヒグループホールディングス株式会社との共同研究

http://genomea.asm.org/content/4/5/e00884-16.full

 

発表日

2016年8月

掲載誌名

Pacific Biosciences社アプリケーションノート

タイトル

MICROBIAL WHOLE GENOME SEQUENCING BEST PRACTICES

発表・投稿者

中野和真

発刊年・巻・号・頁

 

発表方法

その他

備  考

PacBio RS IIにおけるサイズセレクションの有効性に関する検証結果

http://www.pacb.com/wp-content/uploads/Application-Brief-Microbial-whole-genome-sequencing-Best-Practices.pdf

 

発表日

20164

掲載誌名

PLoS ONE

タイトル

A Carbapenem-Resistant Pseudomonas aeruginosa Isolate Harboring Two Copies of blaIMP-34 Encoding a Metallo-β-Lactamase

発表・投稿者

Tatsuya Tada, Tohru Miyoshi-Akiyama, Kayo Shimada, Akino Shiroma, Kazuma Nakano, Kuniko Teruya, Kazuhito Satou, Takashi Hirano, Masahiro Shimojima, and Teruo Kirikae

発刊年・巻・号・頁

2016. PLoS ONE 11(4):e0149385. doi:10.1371/journal.pone.0149385.

発表方法

論文

備  考

(国立国際医療研究センター研究所等との共同研究)

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0149385

 

発表日

20161

掲載誌名

Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry

タイトル

Identification of the Fluvirucin B2 (Sch 38518) Biosynthetic Gene Cluster from Actinomadula fulva subsp. indica ATCC 53714: Substrate Specificity of β-amino Acid Selective Adenylating Enzyme FlvN.

発表・投稿者

Akimasa Miyanaga, Yuki Hayakawa, Mario Numakura, Junko Hashimoto, Kuniko Teruya, Takashi Hirano, Kazuo Shin-ya, Fumitake Kudo, Tadashi Eguchi

発刊年・巻・号・頁

2016. Biosci.Biotechnol.Biochem., in press.

doi:10.1080/09168451.2015.1132155

発表方法

論文

備  考

(東京工業大学、産業技術総合研究所等との共同研究)

http://www.tandfonline.com/doi/pdf/10.1080/09168451.2015.1132155

 

発表日

201511

掲載誌名

Scientific Reports

タイトル

The power of single molecule real-time sequencing technology in the de novo assembly of a eukaryotic genome.

発表・投稿者

Sakai H, Naito K, Ogiso-Tanaka E, Takahashi Y, Iseki K, Muto C, Satou K, Teruya K, Shiroma A, Shimoji M, Hirano T, Itoh T and Tomooka N.

発刊年・巻・号・頁

2015. Sci. Rep. 5:16780.

doi:10.1038/srep16780.

発表方法

論文

備  考

(農業生物資源研究所との共同研究)

http://www.nature.com/articles/srep16780

 

発表日

20159

掲載誌名

ISME Journal

タイトル

Heterogeneous composition of key metabolic gene clusters in a vent mussel symbiont population

発表・投稿者

Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC), The University of Tokyo, Okinawa Industrial Technology Center, Okinawa Institute of Advanced Sciences, Okinawa Science and Technology Promotion Center

Tetsuro Ikuta, Yoshihiro Takaki, Yukiko Nagai, Shigeru Shimamura, Miwako Tsuda, Shinsuke Kawagucci, Yui Aoki, Koji Inoue, Morimi Teruya, Kazuhito Satou, Kuniko Teruya, Makiko Shimoji, Hinako Tamotsu, Takashi Hirano, Tadashi Maruyama, Takao Yoshida

発刊年・巻・号・頁

2016. ISME J. 10(4):990-1001. doi:10.1038/ismej.2015.176.

発表方法

論文

備  考

(海洋研究開発機構等との共同研究)

http://www.nature.com/ismej/journal/vaop/ncurrent/full/ismej2015176a.html

 

発表日

20158

掲載誌名

International Journal of Antimicrobial Agents

タイトル

Molecular epidemiology of multidrug-resistant Acinetobacter baumannii isolates in a university hospital in Nepal reveals the emergence of a novel epidemic clonal lineage

発表・投稿者

National Center for Global Health and Medicine, Okinawa Institute of Advanced Sciences

Shovita Shrestha, Tatsuya Tada, Tohru Miyoshi-Akiyama, Hiroshi Ohara, Kayo Shimada, Kazuhito Satou, Kuniko Teruya, Kazuma Nakano, Akino Shiroma, Jeevan Bdr. Sherchand, Basista Psd. Rijal, Takashi Hirano, Teruo Kirikae, Bharat Mani Pokhrel

発刊年・巻・号・頁

2015. Int. J. Antimicrob. Agents. 46(5):526-531.

doi: 10.1016/j.ijantimicag.2015.07.012.

発表方法

論文

備  考

(トリブバン大学、国立国際医療研究センター研究所等との共同研究)

http://www.ijaaonline.com/article/S0924-8579%2815%2900282-4/abstract

 

発表日

2015年8月

掲載誌名

Genome Announcements

タイトル

First Complete Genome Sequence of Pseudomonas aeruginosa (Schroeter 1872) Migula 1900 (DSM 50071T), Determined Using PacBio Single-Molecule Real-Time Technology

発表・投稿者

Kazuma Nakano, Yasunobu Terabayashi, Akino Shiroma, Makiko Shimoji, Hinako Tamotsu, Noriko Ashimine, Shun Ohki, Misuzu Shinzato, Kuniko Teruya, Kazuhito Satou, Takashi Hirano

発刊年・巻・号・頁

2015. 3(4):e00932-15. doi:10.1128/genomeA.00932-15.

発表方法

論文

備  考

 http://genomea.asm.org/content/3/4/e00932-15.full

 

発表日

2015年8月

掲載誌名

Genome Announcements

タイトル

Complete Genome Sequences of Low-Passage Virulent and High-Passage Avirulent Variants of Pathogenic Leptospira interrogans Serovar Manilae Strain UP-MMC-NIID, Originally Isolated from a Patient with Severe Leptospirosis, Determined Using PacBio Single-Molecule Real-Time Technology

発表・投稿者

Kazuhito Satou, Makiko Shimoji, Hinako Tamotsu, Ayaka Juana, Noriko Ashimine, Misuzu Shinzato, Claudia Toma, Toshitsugu Nohara, Akino Shiroma, Kazuma Nakano, Kuniko Teruya, Yasunobu Terabayashi, Shun Ohki, Nobuo Koizumi, Shou Okano, Toshihiko Suzuki, Takashi Hirano

発刊年・巻・号・頁

2015. 3(4):e00882-15. doi:10.1128/genomeA.00882-15.

発表方法

論文

備  考

(琉球大学、国立感染症研究所等との共同研究) 

http://genomea.asm.org/content/3/4/e00882-15.full

 

発表日

20157

掲載誌名

Genome Announcements

タイトル

First Complete Genome Sequence of Clostridium sporogenes DSM 795T, a Nontoxigenic Surrogate for Clostridium botulinum, Determined Using PacBio Single-Molecule Real-Time Technology

発表・投稿者

Kazuma Nakano, Yasunobu Terabayashi, Akino Shiroma, Makiko Shimoji, Hinako Tamotsu, Noriko Ashimine, Shun Ohki, Misuzu Shinzato, Kuniko Teruya, Kazuhito Satou, Takashi Hirano

発刊年・巻・号・頁

2015. 3(4):e00832-15. doi:10.1128/genomeA.00832-15.

発表方法

論文

備  考

 http://genomea.asm.org/content/3/4/e00832-15.full

 

発表日

20157

掲載誌名

Genome Announcements

タイトル

First Complete Genome Sequences of Staphylococcus aureus subsp. aureus Rosenbach 1884 (DSM 20231T), Determined by PacBio Single-Molecule Real-Time Technology

発表・投稿者

Akino Shiroma, Yasunobu Terabayashi, Kazuma Nakano, Makiko Shimoji, Hinako Tamotsu, Noriko Ashimine, Shun Ohki, Misuzu Shinzato, Kuniko Teruya, Kazuhito Satou, Takashi Hirano

発刊年・巻・号・頁

2015. 3(4):e00800-15. doi:10.1128/genomeA.00800-15.

発表方法

論文

備  考

 http://genomea.asm.org/content/3/4/e00800-15.full

 

発表日

20155

発表・投稿先

The 11th International Workshop on Advanced Genomics (Tokyo, Japan)

タイトル

Construction and utilization of the reference diploid genome sequence for analyzing Stevens-Johnson syndrome-associated IKZF1 SNPs in Japanese patients by using PacBio RS II sequencing platform

発表・投稿者

Okinawa Institute of Advanced Sciences, Tokyo University, Kyoto Prefectural University of Medicine, Doshisya University, Okinawa Sciences and Technology Promotion Center

Kuniko Teruya, Yasunobu Terabayashi, Makiko Shimoji, Hinako Tamotsu, Noriko Ashimine, Ayaka Juan, Shun Ohki, Kazuma Nakano, Misuzu Shinzato, Akino Shiroma, Kazuhito Satou, Mayumi Ueta, Chie Sotozono, Shigeru Kinoshita, Katsushi Tokunaga, Takashi Hirano

開催場所

東京

発表方法

 

備  考

(京都府立医科大学、東京大学等との共同研究)

 

発表日

20155

発表・投稿先

115th General Meeting, American Society for Microbiology (New Orleans, USA)

タイトル

Complete genome sequence of a Pseudomonas aeruginosa ST357 strain, NCGM257, a representative strain isolated from a nosocomially infected patient in Japan, and comparative genomics of Pseudomonas aeruginosa strains

発表・投稿者

National Center for Global Health and Medicine, Okinawa Institute of Advanced Sciences

Tohru Miyoshi-Akiyama, Shiho Kubota, Tatsuya Tada, Kazuma Nakano, Kazuhito Satou, Namiko Mori, Kuniko Teruya, Mayumi Aminaka, Takashi Hirano, Midori Nishioka, Teruo Kirikae

開催場所

New Orleans, USA

発表方法

 

備  考

(国立国際医療研究センター研究所等との共同研究)

 

発表日

20155

発表・投稿先

115th General Meeting, American Society for Microbiology

タイトル

Isolation and genome sequence of a Dehalococcoides mccartyi UCH-ATV that can perform complete dechlorination of trichloroethene.

発表・投稿者

Tokyo University of Agriculture and Technology, Okinawa Institute of Advanced Sciences.

Masafumi Yohda, Ayane Takechi, Kentaro Ikegami, Yuto Aita, Morimi Teruya, Kuniko Teruya, Akino Shiroma, Makiko Shimoji, Hinako Tamotsu, Ayaka Juan,  Kazuma Nakano, Misako Aoyama, Yasunobu Terabayashi, Kazuhito Satou,  Takashi Hirano, Yoshihito Uchino

開催場所

New Orleans, USA

発表方法

 

備  考

(東京農工大学等との共同研究)

 

発表日

20151

掲載誌名

Journal of Bioscience and Bioengineering

タイトル

Genome sequence determination and metagenomic characterization of a Dehalococcoides mixed culture grown on cis-1,2 -dichloroethene

発表・投稿者

Tokyo University of Agriculture and Technology, Okinawa Institute of Advanced Sciences

Masafumi Yohda, Osami Yagi, Ayane Takechi, Naoki Miyamura, Michio Sunairi, Morimi Teruya, Kuniko Teruya, Akino Shiroma, Hinako Tamotsu, Ayaka Juan, Kazuma Nakano, Misako Aoyama, Yasunobu Terabayashi, Kazuhito Satou, Takashi Hirano.

発刊年・巻・号・頁

2015. J. Biosci. Bioeng. 120(1):69-77. doi:10.1016/j.jbiosc.2014.12.001.

発表方法

論文

備  考

(東京農工大学等との共同研究) 

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389172314004642

 

発表日

201412

掲載誌名

Journal of the American Chemical Society

タイトル

Biosynthesis of Versipelostatin: Identification of an Enzyme-Catalyzed [4+2]-Cycloaddition Required for Macrocyclization of Spirotetronate-Containing Polyketides

発表・投稿者

The University of Tokyo, Advanced Industrial Science and Technology, Okinawa Institute of Advanced Sciences

Takuya Hashimoto, Junko Hashimoto, Kuniko Teruya, Takashi Hirano, Kazuo Shin-Ya, Haruo Ikeda, Hung-wen Liu, Makoto Nishiyama, Tomohisa Kuzuyama

発刊年・巻・号・頁

2015. J. Am. Chem. Soc. 137(2):572-575. doi:10.1021/ja510711x.

発表方法

論文

備  考

(東京大学、産業技術総合研究所等との共同研究) 

http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja510711x

 

発表日

201410

掲載誌名

Tuberculosis

タイトル

Complete annotated genome sequence of Mycobacterium tuberculosis (Zopf) Lehmann and Neumann (ATCC 35812) (Kurono)

発表・投稿者

National Center for Global Health and Medicine, Okinawa Institute of Advanced Sciences

Tohru Miyoshi-Akiyama, Kazuhito Satou, Masako Kato, Akino Shiroma, Kazunori Matsumura, Hinako Tamotsu, Hiroki Iwai, Kuniko Teruya, Keiji Funatogawa, Takashi Hirano, Teruo Kirikae.

発刊年・巻・号・頁

2015. Tuberculosis 95(1):37-39. doi: 10.1016/j.tube.2014.10.007.

発表方法

論文

備  考

(国立国際医療研究センター研究所等との共同研究)

http://www.tuberculosisjournal.com/article/S1472-9792%2814%2920450-1/abstract

 

発表日

201410

掲載誌名

Genome Announcements

タイトル

First Complete Genome Sequence of Salmonella enterica subsp. enterica Serovar Typhimurium Strain ATCC 13311 (NCTC 74), a Reference Strain of Multidrug Resistance, as Achieved by Use of PacBio Single-Molecule Real-Time Technology

発表・投稿者

Yasunobu Terabayashi, Ayaka Juan, Hinako Tamotsu, Noriko Ashimine, Kazuma Nakano, Makiko Shimoji, Akino Shiroma, Kuniko Teruya, Kazuhito Satou, Takashi Hirano

発刊年・巻・号・頁

2014. Genome Announc. 2(5):e00986-14. doi:10.1128/genomeA.00986-14.

発表方法

論文

備  考

http://genomea.asm.org/content/2/5/e00986-14.full

 

発表日

20144

掲載誌名

Genome Announcements

タイトル

Complete Genome Sequences of Eight Helicobacter pylori Strains with Different Virulence Factor Genotypes and Methylation Profiles, Isolated from Patients with Diverse Gastrointestinal Diseases on Okinawa Island, Japan, Determined Using PacBio Single-Molecule Real-Time Technology

発表・投稿者

Kazuhito Satou, Akino Shiroma, Kuniko Teruya, Makiko Shimoji, Kazuma Nakano, Ayaka Juan, Hinako Tamotsu, Yasunobu Terabayashi, Misako Aoyama, Morimi Teruya, Rumiko Suzuki, Miyuki Matsuda, Akihiro Sekine, Nagisa Kinjo, Fukunori Kinjo, Yoshio Yamaoka, Takashi Hirano

発刊年・巻・号・頁

2014. Genome Announc. 2(2):e00286-14. doi:10.1128/genomeA.00286-14.

発表方法

論文

備  考

(大分大学、琉球大学、京都大学、沖縄県工業技術センターとの共同研究)

 http://genomea.asm.org/content/2/2/e00286-14.full

 

発表日

20149

掲載誌名

次世代シークエンス解析スタンダード(二階堂愛編集,実験医学増刊)(羊土社)

タイトル

難読領域を含む微生物ゲノム完全長配列をde Novoに決定する 

PacBio RS IIを用いたアセンブル

発表・投稿者

寺林 靖宣、照屋 邦子、佐藤 万仁

発刊年・巻・号・頁

2014910日・第一刷発行・246-257

発表方法

著書

備  考

 https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/book/9784758101912/

 

発表日

20147

発表・投稿先

日本ジェネティクス株式会社アプリケーションノート

タイトル

PacBio RS IIP5-C3ケミストリーでの長鎖ライブラリー調製

発表・投稿者

中野和真

発刊年・巻・号・頁

Application Note 201407

発表方法

その他

備  考

 http://www.n-genetics.com/file/AN_201407_Blue_Pippin.pdf

 

発表日

20162

発表・投稿先

「第二回PacBio現場の会」ワークショップセミナー

タイトル

次世代シーケンサーPacBio RS IIの医療・環境・農工学に対するインパクト2015

発表・投稿者

中野和真

開催場所

秋葉原UDX(東京)

発表方法

口頭発表

備  考

 

 

発表日

201512

発表・投稿先

BMB2015(第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会)

タイトル

PacBio RS IIを用いた難読領域を含む微生物ゲノムのde novo アセンブリ

発表・投稿者

城間安紀乃、寺林靖宣、中野和真、下地真紀子、保日奈子、安次嶺典子、大木駿、新里美寿々、南茉緯子、照屋邦子、佐藤万仁、平野隆

開催場所

神戸ポートアイランド

発表方法

ポスター発表

備  考

 

 

発表日

201511

発表・投稿先

"未来へのバイオ技術"勉強会「次々世代一分子リアルタイムシークエンサは世界の覇者となるか!?~国際標準化への動きと沖縄の応用事例」

タイトル

PacBio RS II」の革新性と沖縄綜研のこれまでのゲノム解析の成果

発表・投稿者

照屋邦子

開催場所

(一財)バイオインダストリー協会(東京都)

発表方法

口頭発表

備  考

 

 

発表日

201510

発表・投稿先

BioJapan 2015(スポンサーセミナー)

タイトル

次世代シーケンサーPacBio RS IIの医療・環境・農工学に対するインパクト2015

発表・投稿者

中野和真

開催場所

パシフィコ横浜(横浜市)

発表方法

口頭発表

備  考

 

 

発表日

20157

発表・投稿先

NGS現場の会第四回研究会

タイトル

病原性Leptospira interrogansの比較ゲノム解析

発表・投稿者

佐藤万仁、下地真紀子、保日奈子、ワン文香、安次嶺典子、新里美寿々、トーマ クラウディア、小泉信夫、城間安紀乃、中野和真、照屋 邦子、大木駿、寺林靖宣、鈴木敏彦、平野隆

開催場所

つくば国際会議場(つくば市)

発表方法

ポスター発表

備  考

 (琉球大学、国立感染症研究所等との共同研究)

 

発表日

201410

発表・投稿先

BioJapan 2014(スポンサーセミナー)

タイトル

次世代シーケンサーPacBio RS IIの医療・環境・農工学に対するインパクト

発表・投稿者

照屋邦子

開催場所

パシフィコ横浜(横浜市)

発表方法

口頭発表

備  考

 

 

発表日

20145

発表・投稿先

PacBio現場の会

タイトル

PacBio RS IIにおける最新プロトコールの実際

発表・投稿者

中野 和真

開催場所

秋葉原UDX(東京)

発表方法

口頭発表

備  考

 

  

発表日

201312

発表・投稿先

知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業シンポジウム

タイトル

PacBio RS IIを用いたロングリードシーケンスにおけるライブラリサイズセレクトの効果

発表・投稿者

下地 真紀子、照屋 邦子、佐藤 万仁、保 日奈子、ワン 文香、中野 和真、城間 安紀乃、青山 みさ子、寺林 靖宣、照屋 盛実、平野 隆

開催場所

パシフィックホテル沖縄(那覇)

発表方法

ポスター発表

備  考

 (沖縄県工業技術センターとの共同研究)

 

発表日

201312

発表・投稿先

知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業シンポジウム

タイトル

PacBio RS IIを用いたゲノム解析におけるライブラリサイズセレクトの効果~De Novoアセンブリの視点から~

発表・投稿者

照屋 邦子、下地 真紀子、佐藤 万仁、城間 安紀乃、保 日奈子、ワン文香、中野 和真、青山 みさ子、寺林 靖宣、照屋 盛実、平野 隆

開催場所

パシフィックホテル沖縄(那覇)

発表方法

ポスター発表

備  考

 (沖縄県工業技術センターとの共同研究)

 

発表日

201312

発表・投稿先

知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業シンポジウム

タイトル

Validation of the Next- and the Next-Next-Generation Sequencers using Human BAC DNA

発表・投稿者

Yasunobu Terabayashi, Kuniko Teruya, Morimi Teruya, Makiko Shimoji, Hinako Tamotsu, Ayaka Arasaki, Kazuma Nakano, Akino Shiroma, Misako Aoyama, Kazuhito Satou, Akihiro Sekine, Takashi Hirano, Team Uruma

開催場所

パシフィックホテル沖縄(那覇)

発表方法

ポスター発表

備  考

 (京都大学との共同研究)

  

発表日

201312

発表・投稿先

知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業シンポジウム

タイトル

PacBio RSのシーケンスにおけるシリカカラムを使用したDNA精製の効果

発表・投稿者

中野 和真、下地 真紀子、保 日奈子、ワン 文香、照屋 邦子、城間 安紀乃、青山 みさ子、寺林 靖宣、佐藤 万仁、平野 隆

開催場所

パシフィックホテル沖縄(那覇)

発表方法

ポスター発表

備  考

 

 

発表日

201312

発表・投稿先

知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業シンポジウム

タイトル

SMRT PipeによるPacBio RSのリードを使用した階層的アセンブル最適化の検討

発表・投稿者

寺林 靖宣、城間 安紀乃、中野 和真、下地 真紀子、保 日奈子、ワン 文香、照屋 邦子、青山 みさ子、佐藤 万仁、平野 隆

開催場所

パシフィックホテル沖縄(那覇)

発表方法

ポスター発表

備  考

 

 

発表日

201312

発表・投稿先

36回日本分子生物学会年会

タイトル

PacBio RS IIを用いたロングリードシーケンスにおけるライブラリサイズセレクトの効果

発表・投稿者

下地 真紀子、照屋 邦子、佐藤 万仁、保 日奈子、ワン 文香、中野 和真、城間 安紀乃、青山 みさ子、寺林 靖宣、照屋 盛実、平野 隆

開催場所

神戸国際会議場(神戸)

発表方法

ポスター発表

備  考

 (沖縄県工業技術センターとの共同研究)

 

発表日

201312

発表・投稿先

36回日本分子生物学会年会

タイトル

PacBio RS IIを用いたゲノム解析におけるライブラリサイズセレクトの効果~De Novoアセンブリの視点から~

発表・投稿者

照屋 邦子、下地 真紀子、佐藤 万仁、城間 安紀乃、保 日奈子、ワン文香、中野 和真、青山 みさ子、寺林 靖宣、照屋 盛実、平野 隆

開催場所

神戸国際会議場(神戸)

発表方法

ポスター発表

備  考

 (沖縄県工業技術センターとの共同研究)

 

発表日

201310

発表・投稿先

American Society of Human Genetics 2013

タイトル

Validation of the second and the third generation sequencers by sequencing using AT rich, repetitive, homopolymeric Human BAC DNA

発表・投稿者

Takashi Hirano, Yasunobu Terabayashi, Kuniko Teruya, Morimi Teruya, Makiko Shimoji, Hinako Tamotsu, Ayaka Juan, Kazuma Nakano, Akino Shiroma, Misako Aoyama, Kazuhito Satou, Yoshio Yamaoka, Akihiro Sekine

開催場所

Boston Convention & Exhibition Center (Boston)

発表方法

ポスター発表

備  考

 (京都大学、大分大学との共同研究)

 

発表日

201310

発表・投稿先

BioJapan 2013/沖縄パビリオンミニプレゼン

タイトル

知的クラスターにおける先端シーケンサー解析基盤の活用

発表・投稿者

佐藤万仁

開催場所

パシフィコ横浜(横浜)

発表方法

口頭発表

備  考

 

 

発表日

20139

発表・投稿先

3NGS現場の会

タイトル

PacBio RSのシーケンスにおけるシリカカラムを使用したDNA精製の効果

発表・投稿者

中野 和真、下地 真紀子、保 日奈子、ワン 文香、照屋 邦子、城間 安紀乃、青山 みさ子、寺林 靖宣、佐藤 万仁、平野 隆

開催場所

神戸国際会議場(神戸)

発表方法

ポスター発表

備  考

 

 

発表日

20139

発表・投稿先

3NGS現場の会

タイトル

SMRT PipeによるPacBio RSのリードを使用した階層的アセンブル最適化の検討

発表・投稿者

寺林 靖宣、城間 安紀乃、中野 和真、下地 真紀子、保 日奈子、ワン 文香、照屋 邦子、青山 みさ子、佐藤 万仁、平野 隆

開催場所

神戸国際会議場(神戸)

発表方法

ポスター発表

備  考

 

 

発表日

20135

発表・投稿先

トミーデジタルバイオロジー社セミナー

タイトル

沖縄におけるPacBio RSde Novo解析への活用

発表・投稿者

寺林 靖宣

開催場所

トミーデジタルバイオロジー社(東京)

発表方法

口頭発表

備  考

 

 

発表日

May. 2013

発表・投稿先

10th International Workshop on Advanced Genomics

タイトル

De Novo Sequencing using the Third-Generation Sequencer PacBio RS in Okinawa

発表・投稿者

Yasunobu Terabayashi, Kazuma Nakano, Makiko Shimoji, Hinako Tamotsu, Ayaka Arasaki, Akino Shiroma, Kuniko Teruya, Misako Aoyama, Morimi Teruya, Kazuhito Satou, Takashi Hirano

開催場所

Tokyo, Japan

発表方法

口頭発表・ポスター発表

備  考

 (沖縄県工業技術センターとの共同研究)

 

発表日

Apr. 2013

発表・投稿先

Joint Conference of HGM 2013 and 21st International Congress of Genetics

タイトル

Validation of the Next- and the Next-Next-Generation Sequencers using Human BAC DNA

発表・投稿者

Yasunobu Terabayashi, Kuniko Teruya, Morimi Teruya, Makiko Shimoji, Hinako Tamotsu, Ayaka Arasaki, Kazuma Nakano, Akino Shiroma, Misako Aoyama, Kazuhito Satou, Akihiro Sekine, Takashi Hirano, Team Uruma

開催場所

Singapore, Singapore

発表方法

ポスター発表

備  考

 (京都大学との共同研究)

 

発表日

20131

発表・投稿先

沖縄県の農林水産業における技術開発シンポジウム

タイトル

次世代シーケンサーを使用した琉球在来豚アグーのゲノム解析

発表・投稿者

寺林 靖宣

開催場所

沖縄県那覇市

発表方法

口頭発表

備  考

 (沖縄県畜産研究センターとの共同研究)

 

発表日

201212

発表・投稿先

知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業シンポジウム

タイトル

PacBio RSのデータ特性

発表・投稿者

照屋 邦子,照屋 盛実,佐藤 万仁,下地 真紀子,保 日奈子,新崎 文香,中野 和真,寺林 靖宣,平野 隆

開催場所

沖縄県那覇市

発表方法

ポスター発表

備  考

 

 

発表日

201212

発表・投稿先

知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業シンポジウム

タイトル

次世代シーケンサー5500xl SOLiDを使用した琉球在来豚アグーの全ゲノムリシーケンス解析

発表・投稿者

寺林 靖宣,當眞 嗣平,中野 和真,照屋 邦子,下地 真紀子,保 日奈子,新崎 文香,照屋 盛実,佐藤 万仁,野中 克治,島袋 宏俊,平野 隆

開催場所

沖縄県那覇市

発表方法

ポスター発表

備  考

 (沖縄県畜産研究センターとの共同研究)

 

発表日

20126

発表・投稿先

平成24年度第一回沖縄県産業振興重点研究推進事業推進会議「おきなわブランドの産地保護に関する研究」

タイトル

次世代シーケンサ5500xl SOLiDを用いたアグーゲノムDNASNP解析

発表・投稿者

佐藤 万仁

開催場所

沖縄県那覇市

発表方法

口頭発表

備  考

 (沖縄県畜産研究センターとの共同研究)

 

発表日

201212

発表・投稿先

35回日本分子生物学会年会

タイトル

PacBio RSのデータ特性

発表・投稿者

照屋 邦子,照屋 盛実,佐藤 万仁,下地 真紀子,保 日奈子,新崎 文香,中野 和真,寺林 靖宣,平野 隆

開催場所

福岡県福岡市

発表方法

ポスター発表

備  考

 

 

発表日

201212

発表・投稿先

35回日本分子生物学会年会

タイトル

次世代シーケンサー5500xl SOLiDを使用した琉球在来豚アグーの全ゲノムリシーケンス解析

発表・投稿者

寺林 靖宣,當眞 嗣平,中野 和真,照屋 邦子,下地 真紀子,保 日奈子,新崎 文香,照屋 盛実,佐藤 万仁,野中 克治,島袋 宏俊,平野 隆

開催場所

福岡県福岡市

発表方法

ポスター発表

備  考

 (沖縄県畜産研究センターとの共同研究)

 

発表日

20125

発表・投稿先

NGS現場の会第2回研究会

タイトル

沖縄固有生物資源のゲノム解析へのNGSの活用

発表・投稿者

寺林 靖宣

開催場所

大阪府吹田市

発表方法

ポスター発表

備  考